八王子市在住、30代会社員(主婦)です。

端から見ればどこにでもある、幸せな家庭。旦那がおり、子供がいる私。ただ、、夫とはセックスレスになり早5年…

火照る体を一人で鎮めるには限界がり、出会い系は時々利用しています。

出会い系で知り合った男性と会うか会わないかを判断する基準も自分なりに持っています。

まず素性を隠そうとする人や、「会いませんか」だけのメッセージを送ってくる人、またプロフィールが簡素な人はなるだけ対象外としています。

私はとてもMっ気が強いので、Sタイプの男性としか合いません。今回もそんな男性を探していました。

そこで出会ったのが彼です。とても自信家な感じがやり取りから伺えましたが、

「あなたを絶対に満足させてみせますよ、自分を選ぶかどうかは貴女次第」

その言葉に疼きました。早くこの疼いた体を冷ましてほしい、火照りを冷ましてほしい…

もちろん彼には誠実そうな面もあり、サイト内の自己紹介もしっかりとされていたので、彼とはすぐ会う約束をしました。

待ち合わせは昼間の都心部。

彼はサイトでの紹介通り、大柄で日に焼けており、優しそうな、楽しそうな笑顔を持つ男性でした。

少し滑舌が悪く、話が聞き取りにくいところも諸所ありましたが、とにかく相手(自分)を立てて、自分の話を面白おかしく膨らまそうとしてくれる方だったので、ホテルに行くまでは不安、というよりは楽しかった記憶があります。

お笑い芸人さんとお話ししているような感覚でもありました。

ホテルに入る前に二人でコンビニに入り、少しお酒を調達したのでお酒を二人で飲みながら…

この部屋の構造の話、普段どういう人と利用しているか、今までどういう風に女性を悦ばせてきたのかなど、彼の体験談をメインにいろいろな話をしたり聞いたりしていました。

また、サイト内で約束した通り、事に至ればコンドームは必ず着用すること、経験は多いが毎月医者に行って病気が無いか検査をしていること、そんなことも説明してくれました。

「嫌なら止めるけど、してもいい?」そう言われて、私は首を縦に振りました。

彼の指が私の秘部に達したとき、彼は「もうこんなに濡らして、すごいMっ気があるんだね」と笑って言っていました。

彼自身が言っていたように女性との経験が多かったのでしょう。私はに秘部を舐められたり指を出し入れされたりするだけで
何度も何度もイキました。

どのぐらいか?そうですね…ホテルに備え付けのフェイスタオルが絞れちゃうぐらい。

私の愛液と潮が垂れ流れてしまったぐらいです(笑)

その後の挿入後も何度も何度もイカされて、私の体はそのけだるさとともに火照りも鎮まっていました。

出会い系は顔が見えない相手とのやり取りです。怖さももちろんあります。でも上手く利用すれば、自分のオアシスにすらすることができる、私はそう思っています。

電話番号、メールアドレスも不要で登録が可能!!

万全のセキュリティで安心安全な出会いアプリ!!



ハッピーメール