都内自営業の35歳です。僕の主戦場はハッピーメール掲示板。ピュアオンリーで活動してます。

自営なので時間は比較的自由ですが、それでも取引先に出向くことも多く、だいたい掲示板を覗くのはいつも昼休みです。

昼休みに掲示板で見つけたよさそうな人妻中心にメールを出しておき、その日の午後2時までに返信が来た人とだけメールに進むようにしています。

これで一週間に3人くらいの人妻さんと落ち合えてますね。会えば確実にラブホまでいけます。

今回お話するのは、このやり方で見つけた千葉の1歳児の母であり人妻でもある美咲33歳です。

最初のメールをしているとき、ゲームが趣味という美咲のゲーム機が壊れたので、直し方を教えてあげました。するとそれだけで「○○はいい人なのが分かる」といわれ、あとは思いのままでした。

要するに、僕がいい人がどうかはどうでもよくて、早く会ってエッチがしたいんだなということがすぐ分かりました。

待ち合わせたのは、美咲の実家の近くにあるラブホ街で有名な繁華街です。子供を連れて実家に行くといえば、世の旦那は間違いなく安心するので、この手を使う人妻に今まで何人か会ってますので、別に珍しくありませんでした。

ただ、美咲が変わっていたのは、子供も連れて行っていいかなと、平気でいってくるところでした。

「ガキなんか連れてきてどうすんだよ?」と聞けば、「タオルで隠せば何も見えないじゃん」と能天気です。

「それはそうかもしれないけど、気が散るだろ」というと、「それもそうだね」と実家に置いてくることにさせました。とにかくやりたくて仕方ないんですね。

それしか考えてないことがひしひし伝わってきます。

ホテルではよほど溜まっていたのか、美咲の方から抱きついてきましたので、そのままディープキスを5分くらいしている間、花柄ワンピースの上から背中、尻と体の線に沿って手を滑らせました。

飢えた人妻にはそれだけで十分、素っ裸にして茂みに手をやると既にマンコはびしょ濡れです。あてがっただけで根元まで吸い込まれました。

電話番号、メールアドレスも不要で登録が可能!!

万全のセキュリティで安心安全な出会いアプリ!!



ハッピーメール